春夏秋冬、様々な楽しみ方が有る下北半島。
長い冬からの雪解け、短いながらも熱い夏、美しい秋、そして一面に広がる雪景色。
来る度に新しい発見が有る事でしょう。ここでは、おすすめの観光スポットをご紹介致します。

岬南方には大間町の市街地及び大間漁港が展開。
潮流の速い地域であり、周辺は良好な漁場で、マグロの一本釣りの名所として知られています。
対岸に位置する北海道の汐首岬との間はわずか約17.5kmにすぎません。

大間岬

〒039-4601
青森県下北郡大間町大間字大間平17-1
TEL:0175-37-2829

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 約1時間
 バス(下北駅-大間町) 約140分
■七戸十和田駅から
 車 約1時間
 バス(むつバスターミナル-大間町) 約100分
■函館から
 フェリー 約100分
 詳しくはこちら→津軽海峡フェリー

岬の北側は津軽海峡、東側は太平洋を一望するこの地。
尻屋埼灯台は、1876年(明治9年に東北最初の灯台として初点灯し、現在日本の灯台50選に選ばれています。
あたり一帯には寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されています。
厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬として有名です。

尻屋埼

〒035-0111
青森県下北郡東通村尻屋字尻屋崎1-1
TEL:0175-27-2111(東通村)

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 約40分
 バス(むつバスターミナル-下北交通バス尻屋行き) 約60分

森林鉄道の廃線を利用した遊歩道や吊り橋が整備されており、散策に最適です。 また、渓流は魚の宝庫としても知られています。 昭和43年に下北半島国定公園に指定されています。
四季折々の美しさで、日々の慌ただしさをひと時忘れさせてくれます。

薬研渓流

〒035-0000
青森県むつ市 大畑川流域
TEL:0175-34-2111(むつ市大畑庁舎 産業建設課)

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 約50分
 バス(JR下北駅-大畑) 約40分、そこから車で約20分

高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つ。
恐山大祭や恐山秋詣りには、イタコの口寄せを聞くため多くの人が訪れます。
霊場内に数種類の温泉が湧き、湯治場としても利用されています。

恐山

〒035-0021
青森県むつ市田名部字宇曽利山3-2
TEL:0175-22-3825(恐山寺務所)

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 約30分
 バス(JR下北駅-恐山) 約40分

津軽海峡の荒波と厳しい風雪によって長い年月をかけて作られた大自然の造形。
壮大なスケールと神秘的な景観に圧倒されます。
海から眺めを楽しめるクルージングもございます。また違った風景を楽しめると、多くの観光客が利用しています。

仏ヶ浦

〒039-4712
青森県下北郡佐井村長後字縫道石地内
TEL:0175-58-2111(佐井村産業建設課)

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 80分
 バス(JR下北駅-佐井) 約130分、船(佐井-仏ヶ浦) 約35分

開花にあわせ、4月下旬~5月上旬に桜まつりが開催されます。
夜はボンボリやライトアップの演出で、美しく神秘的な情景が広がります。 500株のチューリップとのコラボレーションが、下北半島の春の訪れを知らせます。

早掛沼公園

〒035-0021
青森県むつ市田名部字小平舘ノ内尻釜35-36
TEL:0175-23-1311(むつ市観光協会)

アクセス

■下北名産センターから
 車 15分
■下北駅から
 車 15分

むつ市脇野沢野猿公苑内の広い檻には、野生に近い姿で70頭ほどのニホンザルが生活しており、一年を通して観察することができます。
また、公苑外でも野生のサルやニホンカモシカに出会うこともあり、自然観察の場として好まれています。

脇野沢

〒039-5323
青森県むつ市脇野沢七引201-111
TEL:0175-44-3423(むつ市役所 脇野沢庁舎 野猿公苑)

アクセス

■下北名産センター(むつ市)から
 車 75分
■青森港(青森市)から
 高速旅客船(青森港-脇野沢港)50分、バス(脇野沢-野猿公苑前)15分