「市場の食堂」と記された扉をくぐると、600席を設けたお食事処が有ります。 行楽シーズンには沢山の人で賑わい、ゆっくりと楽しんで頂けます。

下北半島の味わいを楽しむお食事にも、旅行の合間のちょっとした休憩にも、お気軽にご利用ください。

たくさんのメニューをご用意してお待ちしております。ここでは、特におすすめのメニューをご紹介。

みそ貝焼き定食

下北地方を中心に伝わる郷土料理の1つ「みそ貝焼き」。
ほたての貝殻を鍋代わりとして調理します。昔は病人や風邪をひいた時に食べた栄養食。
そのどこか懐かしい美味しさを味わって頂きたく、定食にしました。

みそ貝焼き+ホタテ刺し定食

みそ貝焼き定食に、新鮮なホタテの刺身をプラスしてちょっと贅沢に。
下北半島を訪れた際には、新鮮の活ホタテを口にして頂きたい。
そんな思いを込めて、下北半島をぎゅっと詰め込んだ定食を作りました。

みそ貝焼き+焼き魚定食

白いご飯にはやっぱり焼き魚!という方に人気の定食。
他の小鉢とも相性抜群で、1つ1つの素材がお互いを引き立てます。


行楽シーズンは、観光ツアーで多くのお客様がいらっしゃいます。
600席と、多くの座席数を確保しておりますが、ツアー以外でお越しになられる方は、事前に混雑状態のご確認をおすすめ致します。

  • 営業時間 11:00-14:00
    (ランチ営業、日曜営業)
  • 営業日 4月中旬~12月30日
    * 期間中は無休、冬期休業、詳細はお問合せ下さい。
  • 電話番号 0175-22-3231